Warning: Use of undefined constant ’_aioseop_description’ - assumed '’_aioseop_description’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/edoken/xn----sfui3f5h0b2802c1ea5514anna935j.jp/public_html/wp-content/themes/persons/header.php on line 12
赤羽-美容室パーソンズ
  • 受付時間   9:30~   9:30~
    カット ~19:00 ~18:30
    カラー
    パーマ
    ~18:30 ~18:00

    お問い合


  • twitterのバナー画像

    RSSの画像

  • カラーの種類と自分に合ったカラー選び

    2013.04.06スタッフブログ 技術・サービス・商品情報


    パーソンズ石田がお送りいたします!
    石田がお送りする~~~「髪の毛の豆知識」のコーナー(♪パンパカパーン♪)
    このコーナーはお客様との会話であったことをもとに、髪の毛のあんなことやこんなこと、はたまたあんな事まで教えちゃうコーナーです。
    知ってれば友達に自慢できたり、自分に合ったケア方法などをお伝えして行きます。

    前回の第五弾はこちらは☆
    本日は第六弾!!
    先日お客様に「カラーの種類ってどの位あるの?」
    っと聞かれたんですが、僕も美容の世界に入るまではカラーの種類を詳しく知らなかったので案外皆さんご存知で無いようなのでカラーの種類と特徴を詳しく説明して行こうと思います♪

    まずカラーの種類は大きく分けて3つあります!

    ①アルカリ性カラー
    ②酸性カラー(マニキュア)
    ③ヘナカラー

    っと他にも弱アルカリ性カラーなどもありますが大きく分けてこの3つです!
    まず

    ①アルカリ性カラーの特徴

    アルカリ性カラーは1液と2液を混ぜて化学反応(酸化)を起こして髪の毛の内部から染めていきます。色の種類は豊富で、ダメージは髪に毛のダメージに合わせて変えることができます!

    ②酸性カラー(マニュキュア)の特徴

    酸性カラーは1液のみのタイプで髪の毛の表面に色を乗せていきコーティングしていきます!
    色の種類は豊富で、ダメージはアルカリ性カラーと違い、髪の毛の表面に色を乗せていくのでほとんどありません!
    が、塗布の際に地肌に付いたりすると3日位取れないのと、色を表面にコートしてるだけなので日に日に落ちていきます!

    ③ヘナカラーの特徴

    ヘナカラーは植物のヘナの葉を原料に使われていて、もともとはトリートメントとして使われていました。
    ヘナにも種類があり、100%ヘナとケミカルヘナがあり、ケミカルヘナはヘナとケミカル(化学物質)が混ざったものがあります!
    色の種類は少なく、明るい色が出せないのがネックですがダメージはあまり、ありません!

    っと大きく分けて三つのカラーをがありますが貴方は自分に合ったカラーをされてますか?

    じゃー私はどのカラーをすればいいの?
    っと思いの方!!

    それは次回お話しさせて頂きます♫